UWSCで何かウィンドウがでてくるまで待って処理する方法

たとえば”CHECK WINDOW”というなんらかが出てくるまで待って、「出ました!」というPRINTを出したい場合、REPEATとSTATUSのST_ISIDの命令を使えば対応可能です。

ID = GETID("CHECK WINDOW")

REPEAT
	SLEEP(0.2)
	flag = STATUS(ID,ST_ISID)
	PRINT "チェック中"
UNTIL flag = TRUE

PRINT "出ました!"

こうすると、ファイルダウンロード完了のタイミングも計れますね。

REPEAT
	SLEEP(0.2)
	flag = FOPEN("C:\Users\TEST\Downloads\test.zip",F_EXISTS)
	PRINT "test.zipは存在しません"
UNTIL flag = TRUE
SLEEP(10)
PRINT "test.zipが見つかりました"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。